紫外線がもたらす体への影響

こんにちはSAILING LIFEの看護師です。

5月~9月は紫外線が強くなり、日焼けが気になる季節になりました。日焼けしたい人、したくない人それぞれだと思いますが、紫外線について正しい知識を身につけて夏を楽しく過ごして下さい。

<紫外線について>

そもそも紫外線とは光の波長を指します。光の波長とは名前の通りの波の様に私たちに伝わってきます。この時、波長の短い紫色をした波が紫外線です。逆に赤い赤外線は波長が長いです。そして紫外線の中でも長い順にA波(UVA)、B波(UVB)、C波の3種類に分けられます。波長が短くなるほど毒性が強くなりますが、C波はオゾン層によってカットされるので地上には届きません。室内や曇りの日にも油断は禁物です。

<日焼けについて>

 日光に当たると皮膚が赤くなるのはB波による血管拡張などの炎症によるもので、黒くなるのはA波により皮膚のメラノサイト(色素細胞)が刺激され、メラニン色素が合成されるからです。

皮膚が赤くなった時にはどんどん冷やしましょう!!水ぶくれができるなど、ひどい時は病院を受診してください。

<皮膚がんについて>

 紫外線(特にB波)を大量に浴びると、皮膚の細胞の遺伝子が傷つきます。通常は傷ついても修復されますが、紫外線の量が限度を超えると遺伝子は回復せず皮膚がんを発症します。顔、うなじ、手の甲などの部位に発症しやすく、自覚症状はほとんどないので、皮膚に異状を感じたら早めに病院を受診しましょう。

<日焼け止めについて>

 日焼け止めには紫外線防止効果を示すSPFとPAがあります。SPFはB波の防止効果を示すもので、数字が大きいほど強力です。PAはA波の防止効果を+(プラス)で表し、+が多いほど強力です。効果が強力なほど肌への負担も大きくなるので、普段使いにはSPFは弱めのものを選びこまめに塗り直すのがいいと言われています。

<目への影響について>

 目に紫外線が入ると、角膜の炎症や、白内障の原因にもなります。予防としてサングラスやコンタクトレンズは紫外線カットできるものを選びましょう。色の濃いサングラスを選ぶと、瞳孔が開き紫外線が入りやすくなるので色の濃いものは避けましょう。

この様に状況に合わせて塗るものや羽織るものを選択することが重要です。これは完璧と言った対策はないので柔軟に対応することが遠いようで最良の予防策です。

関連記事

  1. 誤嚥性肺炎とは

  2. 肩こりと温め方

  3. 東洋医学(未病治)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。