介護保険制度のあり方

日ごろから介護保険については考えることが多いので歴史を振り返ってみました。

介護保険制度とは介護を必要とする人が適切なサービスを受けられるように、社会全体で支え合うことを目的とした制度です。今では多くの方がご利用なさっていると思います。これは1997年に介護保険法が制定され、2000年から施行されています。この理念としては、単に身の回りの世話をするだけでなく、被介護者の自立をサポートすることが本当の目的です。ここが本当に重要だと思います。自立をサポートする支援サービスになっているのか?を忘れないでほしいですね!

またサービスを被保険者が自由に選択できる利用者本位であることも重要です。システムとして、サービスの利用にあたっては給付金を受ける社会保険方式であることが盛り込まれています。介護保険の徴収としては40歳になった月から全ての人が加入することになり、支払い義務が生じます。年齢によって区分が分かれていて、65歳以上は第1号被保険者、40歳~64歳までは第2号被保険者になります。前者は収入から天引きされることが多く、後者は年金から天引きされています。

では介護保険制度を使うとどうなるのか?それは介護度に応じたサービスが受けられるようになります。要支援1、2、要介護1~5の計7段階からなり生活にどれだけ介護が必要かによって分けられており、介護度によってもらえる金額が異なってきます。例えば要支援1であれば限度額50030円であり、要介護5ならば限度額は360650円サービスに使うことが出来ます。そして自分の収入に応じて自己負担額が1割なのか2割なのかも異なってきます。使えるサービスとしては訪問型、通所型、入居型と大きく分かれています。

訪問型は自宅にて料理や家事を行ってもらうヘルパーによるサービスや、訪問リハビリテーションや訪問看護師に来てもらうことが出来ます。通所型はデイサービス、デイケア等があり自立した生活が送れるよう自立支援を促す機関です。入居では特別養護老人ホームや老人健康保険施設、介護療養型医療施設があります。これらは介護区分によって使えるサービスが異なり1人につき1人のケアマネージャーが付き家族、本人とサービス内容を決定していくようになっています。複雑ですね!

やはりすべては利用者の思いや願いに寄り添ったサービスであることが重要ですね!自立支援で健康寿命を延ばすためにも介護保険のあり方は必須なのです。

さらに介護保険について詳しく聞きたい方は

SAILING LIFEまでご相談ください。

048-506-0887

関連記事

  1. 少子化に対して出生数1.42

  2. 浦和ジェイコー埼玉

  3. 地域包括ケアシステムと地域医療連携に関わる職種と役割

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。