東洋医学(未病治)

皆さんこんにちわSAILING LIFEの柔道整復師です。

冬から春へ、平成から令和へ!日々、我々は変化の中で生活をしていますね。寒い時期が終わりを迎えようとして徐々に暖かい日が増えてきましたね。皆さんは、身体の中でも日々、変化が生じているのを感じていますでしょうか?

東洋医学では【未病治】という考えがあります。これは未だ病に至らない状態を治療して病を未然に防ぐという考えがあります。予防医学や健康寿命を延ばすと似ていますが、東洋医学の中では身体的に問題として出てくる前に問題があればこれ自体を治療して予防すると言う概念です。これが未病治です。

身近な症状では冷え性、食欲の減退、足の長さの違いや骨盤のゆがみ、さらには血液検査値などの異常も未病として考えられています。これらは生活の質(QOL)は侵されていないが今後大きな病気に繋がってしまうので今から改善することが望ましいです。まずは定期健診の結果を見返してみたり、整骨院、理学療法士などによる評価を受けたりして未病となるものを評価してどう対応したらよいか取り組めると未病治が行えます。

最近体調がすぐれないな?何か気になることがあったら是非

SAILING LIFEの鍼灸師に相談してみてはいかがでしょうか?病院ではわからないことも見つかることもあります。tel:0485060887

関連記事

  1. フレイル

  2. 1億総活躍社会の実現

  3. 誤嚥性肺炎とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。