五月病に備えて

みなさん、こんにちはSAILING LIFEの看護師です。

最近の調子はどうですか?仕事や学校に元気に行けていますか?

なんとなく体調が悪い、学校や会社に行きたくないなどと感じている方!

それ、五月病かもしれません!
ということで、今回は「五月病」についてお話させていただきたいと思います。

 「五月病」は正式な病名ではなく、医学的には適応障害、うつ病、パーソナリティー障害、パニック障害、不眠症などその症状により振り分けられ診断されます。症状としては、「何となく気分がめいる」「体がだるくて気力がでない」「好きなことすら面倒くさい」「学校や会社に行きたくない」「眠れない」「イライラする、怒りっぽくなる」「気分が落ち込む」「頭痛・胃腸の不調・めまいなどの体調不良」「眠れない」「食欲が落ちる」「集中できない」など多岐に存在します。

主な原因としては新しい環境に適応できず、自律神経(交感神経と副交感神経のバランスが崩壊する)の機能が破綻して心身共に症状がでます。その緊張や疲れがピークに達しゴールデンウィークを境に症状が出るためにこのように呼ばれていますが、実は五月に限った話ではありません。また、新しい環境によることが多いので進学や就職など新人が発症するイメージが強いですが最近では転勤や異動、上司や部下が変わる、昇進などの職場環境の変化、家族や自分自身の病気やケガなどで生活が変わる、家族の学校や職場が変わることによる生活のリズムの変化などで、老若男女、誰がかかってもおかしくないのです。

だれでもかかる可能性はありますが、かかりやすい人は存在します。それはいわゆる、真面目、完璧主義、責任感が強い、自分の気持ちを表に出せない人で、環境の変化が大きければ大きいほどかかりやすいと言われています。つまり柔軟な思考が大切なのかもしれませんね!なので、

 五月病にかからないためには「ストレスをためない」ことがとても重要です。そのためには下記のような日頃の心がけがとても大切です。

  • 規則正しい生活を心がけ体内時計を整える
  • 趣味に没頭する時間を設ける
  • 体を動かす
  • 相談できる仲間を作る

 もしも、五月病かもと思ったら、一人で考え込まないで人とおしゃべりをしてみましょう。悩みが解決でき、きっと気が晴れると思います。そして美味しいものを食べましょう。食べることは元気の源で自律神経の賦活に効果的です。また家に閉じこもらずに、外へ出て太陽の光を浴びましょう。日光を浴びることによって成長ホルモンが分泌されたり、ビタミンの活性化が図れます。5月になると梅雨が始まります。ひとは雨が続くとうつになりやすいと言われています。色々やってみたけどやっぱり元気が出ないときには、拗らせる前にできるだけ早めに精神科か診療内科を受診しましょう。

色々お話してきましたが、これを機に自分の心に目を向けてください。そして頑張っている自分を認め、褒めてあげてください。疲れている時には十分な休養をとりましょう。さあ、楽しいゴールデンウィークは目前です。素敵な時間を過ごしてください。でも、疲れを残してはダメですよ!!

困ったらSAILING LIFEにご相談下さい。

tel:0485060887

関連記事

  1. 東洋医学(未病治)

  2. 睡眠負債

  3. 誤嚥性肺炎とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。