NPO法人健康支援ネットSAILING LIFEがスタートします。

はじめまして、NPO法人 健康支援ネット SAILING LIFEの 代表理事小澤琢也です。

私は2011年国際医療福祉大学を卒業し理学療法士免許を取得しました。その後理学療法士として働く傍ら、同大学院にて保健医療学修士号を取得しました。医療・介護分野での臨床現場や地域交流活動の中で、人々が地域の中でより長く健康に過ごすためには1人を多方面の知識からサポートする必要があると痛感しました。医療保険や介護保険、その他のサービスが組み合わさって健康を維持できる取り組みをする機関としてNPO法人健康支援ネットSAILING LIFEを設立しました。

SAILINGとは航海すること。人生を旅するように、いつまでも自分のやりたいこと、成りたい自分になることをあきらめないで欲しい。そんな思いをもって、SAILING LIFEはスタートしました。

また、日本は2025年100歳時代へと突入していきます。しかし日本の健康寿命は男性が72歳、女性が74歳です。超高齢化を迎える日本において年は重ねても皆が健康で夢を語り人生の旅を続けられるような社会を創造したいと強く思っています。

さらに活動の一環として社会保障の一部である医療保険の、介護保険の枯渇が言われています。健康であり続ける社会が実現できればこの問題も解決策へつながると考えています。2017年以降、医療費は約42兆円、介護保険費は約10兆円かかっています。1人当たり毎年50万円以上を怪我や病気に払っている計算になります。そこで病気や怪我をしない予防に力を入れ新たな観点で健康を支える時代がきていると感じています。(厚生労働省医療費)

そこで私たちは医療や介護、トレーニングの分野で活動している理学療法士、看護師、トレーナーなどの有資格者で構成されたメンバーで現場で培った健康に必要な知識や技術、運動などを多方面から皆さんにお届けし、ずっと元気で夢を追い続けるために医療や介護の垣根を超えた今までにない予防を主とする健康をご提供したいと思っています。

セミナーや体操は医学的根拠に基づいた、筋膜リリース、インナーマッスル、スピード、柔軟性、パワー、リズムを複合的に取り入れ健康に必要なことを多方面から行います。身体評価としては、皆さんの、動作や動きから必要な運動や助言をご提供します。医療や介護は看護師から、トレーニングはトレーナーから、東洋医学に関しては柔道整復師や鍼灸師からご提供していきます。どれもディスカッションや音楽、映像など楽しく受講できることを目的に展開しています。ご依頼があれば出張で協働も可能ですのでご相談ください。

1人でも多くの笑顔に出会えることを願っています。

SAILING LIFE 理事 小澤

関連記事

  1. 足腰の元気度チェックと運動

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。